Home > スポンサー広告 > ピカソ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://maybemorning.blog47.fc2.com/tb.php/25-30dfac52
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 自由帳

Home > スポンサー広告 > ピカソ

Home > アート > ピカソ

ピカソ

ピカソは誰もが知っている画家ですよね。

今日はピカソについて…

86085963.jpg
これはピカソが9歳の時に描いた絵だそうです。
闘牛場で馬に乗る男。

馬の形をしっかりと捉えています。
9歳が描いた絵とは…のちに天才と呼ばれるのもわかります。


また、ピカソは有名な画家だったことから、かなりのプレイボーイだったそうな…。


ひとつ、おもしろいというかヒドすぎるエピソードをご紹介します。笑


当時、ピカソは複数の女性と関係をもっていました。

そんなことなので、アトリエでばったり女性たちが出くわしてしまいます。

当然女性たちはもめたのですが、ピカソはあわてる様子もなく、こう言い放ちます。

ピカソ「おれがほしければ勝てよ」



女性「!きぃー!!!!!なによー!!!」



それを絵にしたのがコレ↓↓↓


泣く女
nakuonna_3.jpg

こんな場面も絵にするピカソ。芸術家魂です…。




そして、ピカソはギネスに認定されているくらい最多(約13万点)で作品を残しているうえに、

その絵画には高価な額をつけられています。


「パイプを持つ少年」(Garçon à la pipe)
4af11c00.jpg

これは、史上最高額の1億400万ドル(当時の為替で約118億円)
という価格で売却された世界で最も高価な絵画。

もはや現実的ではありません。


昔は、なにこの絵ー?なんで有名なの???

と思っていましたが(恥)、画家の背景や絵をかみしめるように見ていくと納得させられます。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://maybemorning.blog47.fc2.com/tb.php/25-30dfac52
Listed below are links to weblogs that reference
ピカソ from 自由帳

Home > アート > ピカソ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。